高校受験生必見!大阪府版 高校受験スケジュール2023

こんにちは。個別指導塾で受験指導を得意とする個別館です。

今回は大阪府版の「高校入試スケジュール」についてお伝えします。
多くの私立高校では、1月中旬に出願が始まります。

奈良県の私立校入試は大阪・兵庫・京都よりも数日早い2/6(月)に実施されます。

奈良県は大阪府などよりも数日早い2/6(月)に実施されます。大阪・兵庫・京都の高校への進学を希望されている場合も、奈良県の私立入試が役立つことがあります。入試を初めて経験する、特に私立高校を希望されている方は、初めての受験で実力を十分に発揮するための練習として奈良県の私立入試を経験しておくことがよくあります。

意外と知られていない1.5次入試!複数回私立高校を受験することもできます。

専願・併願の方式で合格できなかった方のために、1.5次入試を実施している私立高校もわずかにございます。1.5次入試は2/16(木)頃から入試が始まります。

私立高校入試においての注意点

私立高校入試において、注意点もあります。専願の場合には、合格すれば必ず進学しなければなりません。併願の場合は公立入試の結果を待って、選択肢を広げることが可能です。

大阪府の公立高校入試の受験日程は大きく分けて2種類!

①特別入学者選抜
2月中旬に出願が始まり、学力検査が2/20(月)に、実技試験または面接が2/21(火)に実施されます。
特別入学者選抜は、例えば摂津高校の体育科や、夕陽丘高校の音楽科のような、特殊な学科があてはまります。特別選抜の方が一般選抜よりも早い時期に実施されますが、特別選抜入試合格後に一般選抜を受験することはできません。特別選抜入試を受けて合格した場合には、必ず進学しないといけないので、注意が必要です。

②一般入学者選抜
3月上旬に出願が始まり、学力検査が3/10(金)に実施されます。

受験では、スケジュール管理が大切です!

例えば、大阪府の私立入試2/10(金)から特別入学者選抜の2/20(月)までは10日間と期間が短いため、学習のペース配分がとても重要になってきます。

一般入学者選抜を受験する方は、私立高校入試後の1か月後が入試日となります。早めから志望校の受験科目や難易度を細かく把握し直前期の勉強スケジュールを立てることをお勧めいたします。そのためには、早い段階から苦手分野を把握しておくことが大切です。